ひょっとしたら、ともにチャートだけを見て買いエントリーを決めているように思うかもしれません。ですが、実際は違います。そもそも、AとBどちらも、銘柄選びのいくつかの条件に適合している厳選した銘柄になります。上場企業約3600社の中から、条件に適合している銘柄として、買いエントリーをするまでに、時間をかけて監視をし続けてきた銘柄なのです。監視をし続けてきて、ちょうど買いエントリーを入れるタイミングだったのです。

大事なのは、このようなタイミングで買いエントリーの判断ができるように、事前に銘柄を選んで監視をすることです。今すぐエントリーできる銘柄を選ぶのもいいですが、いつでもエントリーできそうな銘柄を準備しておくのです。それができると、勝ちやすいタイミングを見逃さずにエントリーの判断ができるようになるのです。

しかし、実は銘柄選びの前にもっと大事なことがあります。通常、株を始めると「どの銘柄を買えばいいのだろう?」「騰がりそうな銘柄はどれだろう?」「安定して配当が出ている銘柄はどれだろう?」と、儲かりそうな銘柄にばかり意識がいきます。何を買えばいいですか?ということでしょう。しかし、実は『銘柄選び』よりも、『売買のタイミング』の方が重要です。そして『売買のタイミング』よりも更に重要になるのは、いくらまで投入して良いかを判断する『資金管理』です。

この『売買のタイミング』や『資金管理』は、柔道で言うところの受け身のようなものです。そして、これらを知らずに「何を買ったらいいか?」ばかりに意識を向けてしまうのは、受け身の取り方も知らずに柔道の試合に出るような行為です。それでは大けがをしても仕方がありません。

そして、『資金管理』や『売買のタイミング』の他にも、株を始める時に知っておいた方が良いことが実はいくつかあります。株の学校ドットコムでは、知っておくべき重要な8つのポイントを解説した特別レポート「株式トレード8つの誤解」を無料で提供しています。

ここだけの話、このレポートは9年前に提供を始めてから現在まで、既に約83万人の人が読んでいる、知る人ぞ知る大ベストセラーです。これだけ長く多くの人に提供できているのは、その内容が「いつの時代にも通用する株式トレードの本質的な知識」だからです。最近あふれている、アベノミクスの上昇相場でしか実績のない手法や、単なるテクニック集ではありません。この先10年、20年、30年と変わらず通用する本質を取り扱っています。そのため、一度この内容が頭に入れば世の中にあふれる様々な株の情報の中で、あなたが知るべきなのはほんの一握りの知識であり、実はほとんどが不要な情報であることも分かるでしょう。まだ読んでいない場合は、今すぐ無料で手に入れて読んでみてください。

多くの方に選ばれて受講者数830167名突破(2021/12/06現在)

(例) 山田

(例) nihon@example.co.jp


※お客様の声は個人の感想であり、レポートの内容を保証するものではありません。

多くの方に選ばれて受講者数830167名突破(2021/12/06現在)

(例) 山田

(例) nihon@example.co.jp



株の学校ドットコムについて
コース名 受講方法 受講費用 講座内容
通学講座 通学 19,800円 通学講座は、株式取引の経験がある中級者以上を対象にしています。この講座で教える内容はシンプルですが、 株式売買で利益を上げるために重要で本質的な内容が学習できます。
通信講座 eメール 無料 通信講座は、無料ではありますが「株の学校ドットコム」のノウハウが凝縮されたカリキュラムになっており、 株式投資に大切な3つのポイントを体系的に理解できるようになっています。