「なんだよ!答えになっていないじゃないか!」、と思ったかも知れませんが、株取引で利益を上げるためには、
実は、「株価が上がるか下がるかを予想しない」ことが非常に重要です。

株取引では「投資」と「トレード」の違いを理解しなければ、大きな損失を被り、大切な資金を失う可能性が高くなります。

少ない資金を増やしたい場合は「投資」ではなく、「トレード」を行う必要があるのですが、
トレードを行う場合、株価の予想をせず、今現在の株価のみに注目しなければなりません。

ですから、普段から株価が上がるか下がるかを予想しない、
意識しないことが大切だということをお伝えしたかったわけです。

もし、あなたが株価が上がるか下がるかを予想して株取引を行っているのであれば、
まずは、投資とトレードの違いをしっかりと理解してください。

では、「投資」と「トレード」の違いとは何か?

株取引において大切な、この違いについての解説を含め、 あなたが悩んでいることが解決するヒントになる、
プロの考え方を基に構成した「無料」のメール講座を用意しました。

さらに、今この「株の学校ドットコム 無料メール講座」にご登録いただくと、
株式投資に対する8つの誤解をまとめた特別なレポートをもれなくプレゼントしています。

ご希望の方は、下記フォームからご登録ください。

※お客様の声は個人の感想であり、レポートの内容を保証するものではありません。



54   4468

(例) 山田

(例) nihon@example.co.jp