【号外】史上最高値更新再び! どこまで伸びる日経平均


本日(2024年7月9日)、日経平均株価が史上最高値を更新しました。

  • 41,768円(本日2024年7月9日の高値)
  • 41,580円(本日2024年7月9日の終値)

6月後半から日経平均の雰囲気が変化し、じわじわと上昇。節目である39,000円を終値で突破したあとはするすると4万円を突破、そして本日、史上最高値3か月半ぶりに更新しました。

要因としては、アメリカのハイテク株の上昇、オイルマネーの流入というニュースがありますが、売買代金を見てもそこまで大きくなっているわけではありません。前回の高値更新時に比べて盛り上がりもそこまで大きくないと感じます。

こういう時は、いわゆるダマシ(高値更新したけど今後下落)のパターンを警戒しなくてはいけません。

と同時に、ここから本格的な上昇が始まる可能性もあります。

どちらにしても、大きなチャンスの入口であると考えられます。というのは、ここから株価が大きく上昇するのであれば、史上最高値の勢いを味方にして買いポジションで大きな利益が見込めます。逆に、ダマシだったとして株価が下落、調整するならば、空売りのチャンスでもありますし、空売りしなかったとしても、調整後にまた大きく株価が上昇してくる可能性もあるからです。

今年に入り、1月から3月までに大きく上昇してしまったため、買いそびれた、チャンスを逃したと考えている人も多いかと思いますが、適切な調整を経て、今後また大きなチャンスの入口に入っている可能性が大きいです。

もし、
「今年出遅れてしまった」
「前半で稼いだ利益を吐き出してしまった」
そのように思っているのであれば、この史上最高値更新をきっかけに、ここからチャンスをつかんでほしいと思います。

いつも書いているように、マーケットはいつだってチャンスを与えてくれます。
今もし準備できていない、まだ買っていないとしても、今からでも十分に間に合います。

もちろん、ダマシの可能性を考慮して、下落に備える必要があるので、ロスカットの設定は必須です。

ここから本格的な上昇があれば稼げる。
調整が始まっても、その後にさらに大きなチャンスがあり得る。

すでに利益が出ているのであれば、さらにその利益を伸ばしてもらいつつ、まだ稼げていないとしても、焦る必要はありません。

30年以上も高値を更新できなかった日経平均がやっと動き出したところです。
防御(ロスカット)をしっかりとしたうえで、始まったばかりの大きなチャンスを一緒につかんでいきましょう。

窪田 剛

株の学校トピックス

株の学校ドットコム講師によるコラムや株にまつわるさまざまな情報をお届けするウェブマガジン