【窪田剛の注目株】まだ上がる半導体株と、年末まで監視しておきたい銘柄グループ


8月相場を振り返って

みんな注目、ジャクソンホーール!

昨年(2022年)の8月は、アメリカのジャクソンホールで行われたFRB議長パウエル氏の講演後、ダウ平均株価が1000ドル下落しました。日経平均株価もそれを受けて2か月で29,000円から26,000円まで下落。それほど大きな衝撃があったため、今年も世界が身構えていました。……いましたが!!!

何事もなかったかのように通過しました。
心配して損したぜ!

ジャクソンホール前に「いったん株を売っておこう」と、日経平均は32,000円を割り込んで下降トレンド入りしたような動きを見せましたが、ジャクソンホール後に反転し、8月末現在、何とか踏みとどまっています。このまま上昇して年末には35,000円を達成してほしい。

ただし、安値割れたら容赦なく空売りです。

7月終値8月終値騰落率
日経平均株価33,178円32,619円−1.68%
TOPIX2,322ポイント2,332ポイント+0.43%
東証グロース指数991ポイント971ポイント−2.02%

8月相場で上がった株・下がった株

そんな2023年8月の株式相場を売買代金値上がり率値下がり率のランキングで振り返ってみたいと思います(データ提供:CMBトレード塾)。

・2023年8月の売買代金トップ20

順位コード銘柄売買代金
16920レーザーテック4.51兆円
26857アドバンテスト1.8兆円
38306三菱UFJフィナンシャル・グループ1.62兆円
46526ソシオネクスト1.45兆円
59984ソフトバンクグループ1.41兆円
67203トヨタ自動車1.38兆円
78035東京エレクトロン1.27兆円
89107川崎汽船1.21兆円
98058三菱商事9938億円
109983ファーストリテイリング9244億円
116758ソニーグループ8715億円
126861キーエンス8676億円
138316三井住友フィナンシャルグループ8605億円
146367ダイキン工業7605億円
159101日本郵船7347億円
166146ディスコ7134億円
175401日本製鉄6121億円
187011三菱重工業6046億円
196723ルネサスエレクトロニクス5608億円
204063信越化学工業5412億円

・2023年8月の値上がり率トップ20

順位コード銘柄値上がり率
16573アジャイルメディア・ネットワーク+555.6%
27018内海造船+223.5%
36173アクアライン+170.2%
43316東京日産コンピュータシステム+106.3%
55610大和重工+101.3%
67671AmidAホールディングス+100.8%
72708久世+86.3%
87585かんなん丸+84.8%
97256河西工業+81.5%
106961エンプラス+80.9%
114415ブロードエンタープライズ+79.1%
126677エスケーエレクトロニクス+77.4%
134040南海化学+73.5%
144621ロックペイント+71.0%
157014名村造船所+67.6%
162160ジーエヌアイグループ+64.9%
177314小田原機器+57.8%
183271THEグローバル社+56.7%
195210日本山村硝子+54.9%
204553東和薬品+54.5%

・2023年8月の値下がり率トップ20

順位コード銘柄値下がり率
15255モンスターラボホールディングス-56.1%
23856Abalance-55.4%
33977フュージョン-52.0%
49553マイクロアド-45.7%
53069JFLAホールディングス-44.3%
63925ダブルスタンダード-39.7%
73674オークファン-38.6%
84381ビープラッツ-38.6%
93652ディジタルメディアプロフェッショナル-36.9%
107803ブシロード-36.0%
115240monoAI technology-34.8%
129219ギックス-33.1%
134772ストリームメディアコーポレーション-31.8%
149258CS-C-31.4%
157367セルム-31.2%
167375リファインバースグループ-29.6%
177369メイホーホールディングス-29.4%
189344アクシスコンサルティング-29.3%
193182オイシックス・ラ・大地-28.6%
204883モダリス-27.7%

8月相場でプロが気になった銘柄

このランキングの中から、私・窪田が気になった銘柄をピックアップします。

・売買代金ランキング

【第1位】レーザーテック<6920> 4.51兆円(4.38兆円) ()は7月
【第2位】アドバンテスト<6857> 1.8兆円(2.51兆円)
【第4位】ソシオネクスト<6526> 1.45兆円(1.72兆円)
【第7位】東京エレクトロン<8035> 1.27兆円(1.45兆円)
【第16位】ディスコ<6146> 7134億円(6471億円)
【第19位】ルネサスエレクトロニクス<6723> 5608億円(8439億円)
【第20位】信越化学工業<4063> 5412億円(5670億円)

売買代金上位にこれだけの半導体関連銘柄が入るのです。それだけ注目されているこの業界。毎月取り上げずにはいられません。

今月のトピックは、なんといっても世界最大の半導体、GPUの生みの親、エヌビディア<NVDA>の決算です。前年同期比なんと売上2倍、営業利益は14倍!

なんということでしょう。チャットGPT以降、生成AI需要が爆発しているとは聞いていましたが、ここまで伸びるとは。

何年も前から半導体株を取り上げていますが、いったいどこまで伸びるのか。今後も短期的には調整は入るでしょうが、長期的に注目していきたい業界です。

ちなみに、売買代金1位のレーザーテック<6920>、そろそろ上昇を始めそうですよ。あと、東京エレクトロン<8035>とディスコ<6146>、ランキング外ですがマクニカ<3132>、三井ハイテック<6966>もよさそうに……見えるなぁぁ。どうなるか楽しみ。

年末まで監視しておきたい銘柄グループ

※ランキングは8月の売買代金

・メガバンク3行

【第3位】三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306> 1.62兆円
【第13位】三井住友フィナンシャルグループ<8316> 8605億円
【第22位】みずほフィナンシャルグループ<8411> 4843億円

・鉄鋼3社

【第17位】日本製鉄<5401> 6121億円
【第25位】神戸製鋼所<5406> 4506億円
【第92位】JFEホールディングス<5411> 1817億円

・邦船3社

【第8位】川崎汽船<9107> 1.21兆円
【第15位】日本郵船<9101> 7347億円
【第21位】商船三井<9104> 4849億円

・5大商社

【第9位】三菱商事<8058> 9938億円
【第26位】三井物産<8031> 4471億円
【第33位】丸紅<8002> 4135億円
【第41位】伊藤忠商事<8001> 3545億円
【第54位】住友商事<8053> 2722億円

・3大自動車メーカー

【第6位】トヨタ自動車<7203> 1.38兆円
【第23位】ホンダ<7267> 4750億円
【第59位】日産自動車<7203> 2582億円

日本を代表する企業ばかりですね。

日経平均はパッとしませんが、各社どれも強い。強すぎる。これらの銘柄を見ていると、年末までは上に行きそうだなぁ、となんとなーく思います。もちろん、円安で「ゲタ」を履いている状態であり、素直に買いというわけにはいかないと思っていますが、どれもこれも楽しみです。

いいチャートが増えてきた

前回、そして前々回のコラムで私、叫びましたよね。「鉄は国家なり!!!

私、すごくないですか!! 順調に上昇しています。天才かもしれない……まぁ、自分で買っていないときっていうのは大体当たるんですよ……泣いていいですか(涙)

冗談はさておき。年末に向けて本当にいいチャートが増えてきた印象です。そのため今回は取り上げる銘柄がちょっと多くなってしまいましたが、ここで挙げた監視銘柄はどれもいいチャートばかりです(日産以外)。

他にもたくさんありますが、気になるのは円安ですね。8/31現在で1ドル146円です。これ以上はちょっと嫌な感じがします。原材料高、インフレ、など。

もしもこれ以上の円安が続くなら、わかっていますね? そう、上に挙げていないグループを監視しましょう。え? それは何かって?? うーん、じゃあちょっとだけ。ホテル、小売り、鉄道だ! どうしてかは自分で考えてね。

また来月お会いしましょう。

株の学校トピックス

株の学校ドットコム講師によるコラムや株にまつわるさまざまな情報をお届けするウェブマガジン