多くの方に選ばれて受講者数761156名突破(2020/08/14現在)
現役プロトレーダー講師コラム 2020年2月28日
日経平均3000円、NYダウ3800ドルの下落

株の学校ドットコムの窪田です。

新型コロナウイルスの影響で
マーケットが荒れています。

先日の号外から連続になってしまいますが、
ここ数日の動きを見て「いつもと違うな」と
感じることがあります。

また、

その違いを感じたことを受けて
「あらためて伝えておきたい」こともありますので
今回もメールをお送りします。

大事な話なので、しっかり確認をして
今すぐ、対応に活かしてくださいね。


まず、やるべきことや
気をつけるべきことは前回の号外と同じです。

同じですが大事なことなので再度書いておきます。


・短期的にすべきこと
すでにトレードをしている人は
パニックにならず、ルール通りにトレードをする。


含み損を抱えるのではなくて、
しっかりとロスカットを行うことです。

ロスカットを行うことで、まずは
現金のポジションをとっておくこと。

そうすることで、安心を取り戻すことが
出来ますし、今後の対応を考えることが
出来るからです。

勉強中の場合は、学びのチャンスだと割り切って、
マーケットを観察してください。

決して、今からやみくもに、
無理にトレードをする必要はありません。


・2020年を通して中長期的にすべきこと

企業業績の悪化を視野に入れつつ、
強い銘柄を見つけたらタイミングを図って買う。

売られている弱い銘柄を見つけたらタイミングを
図って空売りするということです。

詳細は、前回の号外に書いてあるので
必要あれば確認をしてください。

では、

今回の号外で伝えたておきたいことに関して
以下の3つのお話をします。


1.不安にならず、冷静に生活しよう
2.本当に怖いのはコロナよりも今後の経済
3.アメリカ大統領選挙


1.不安にならず、冷静に生活しよう

おそらく今は、株価の下落に対する恐怖もあるかもしれません。
もしかしたら、底しれぬ新型コロナウイルスへの恐怖のほうが
大きいかもしれません。

ただ、どちらも私はそれほど悲観してはいません。

というのも、

事実として、過去の大暴落を何でも乗り越えて
きましたし、対応をしてきたからです。

そして、終わらない暴落は無いからです。

また、

コロナに関しても、数字的なことを冷静に
見るように努めているからです。


ですから、

あなたも、過度に不安を膨らませるのではなくて、
事実を見るということ。そして、極力冷静に過ごす
ようにしてください。


では、どうしてそんなことを言えるのか。

まずは、数字の確認を一緒にしていきましょう。

この1ヶ月で
日経平均は24,000円から21,000円を割るところまで
一気に下落しました。

NYダウはついこの間まで史上最高値を更新していました。


しかし、

29,568ドルから25,766ドルまで3,800ドル下落しました。

特に、この数日の下落はとても大きなものでした。

この株価の下落は、すでに行き過ぎとも考えられますが、
まだまだ下落する(さらに行き過ぎる)可能性も
あると思っています。

なぜなら、

人は目に見えないものに過度の不安を感じます。

今回、未知のコロナウイルスということで、
多くの人が過度に心配して株価が暴落していると
考えられています。

ただし、

その恐怖はまだまだ株価に反映されていないと
考えることもできます。

実際、まだまだ株価にコロナウイルスの恐怖が
反映されていないかもしれず、ここから
更に下落することも考えられるのです。


ただし、

その点に対しては、恐怖ではなく
冷静に次の点を強調しておきたいと思います。


トレーダーであるあなたにとっては、
たとえ下落だろうが上昇だろうが、
トレードで利益をあげることは可能です

これは、一発当てようとするものではありません。

ルール通りの範囲内で出来ることをやるということ。

利益になれば利益確定するし、
ロスカットになればロスカットをしてください。


ただし、

前提として、ルールを守れる
冷静な判断と、適切な資金管理が出来る場合のみに
しておいてください。

相場は、いつまでも続いていきます。

まず避けなくてはいけないのは、
今回で退場をすること。

損をしても、退場せずにいればチャンスは
必ず来ます。

その事を大前提にしながらも、あなたの
レベルに応じて対処をするようにしてください。

ここでの経験は、今後も必ず活きますし、
暴落は今後も絶対に来ます。そして、過去に
すでに大暴落は何度も起きながらも、株価は
上昇してきたのです。

その事を忘れずに、冷静に対応をするように
してくださいね。

また、

新型コロナウイルスに関しても
私は過度に悲観していません。

もちろん、

事実として亡くなってしまう方もいますし
気をつける必要ないというわけではありません。

ですが、人の免疫力で治すことができます。

完治しないという報道もありますが、
治った人も多いのも事実としてありますので
そこは一旦冷静になってほしいと思っています。


現在、どんどん感染者が増えていますが、
実は治っている人も増えています。

2月28日現在、世界保健機関の発表では
世界で8万人近くの感染者が確認されています。

大半は中国です。

そして、3000人近くの方が亡くなりました。

でも、2万人程度の人が治っています。

ちなみに、SARSは
8ヶ月で8100人感染し774人が亡くなりました。


この数字はWHOがまとめた数字ですが
「死亡率が低いとか完治したとかそんなの信じられねぇよ!」
ということで恐怖が先行しているのはわかります。

その数字は信じるか信じないかは
あなた次第ですが、私は信じられると思っています。

ですが、やはり免疫力はとても大事ですから、
健康的な食事を取るということはやっておく
必要があると考えています。


再度、株価に関してですが、
まだまだ下落するかもしれないし
来週から反発していくかもしれません。

どんな動きになったとしても、
しっかりとフォローしていきますので
安心してください。

新型コロナウイルスについては、
感染者数や死亡者数も気になることでしょう。

しかし、

治った人がいるという数字の方も、
より気にするようにしてみてください。


そして、

手洗い、うがい、生活の中で気をつけていく。

多くの人はニュースの煽りをうけすぎて、不安を
増幅させてしまいます。

でも、

こんなときこそ、数字などで事実を把握して、
いつもよりちょっとだけ丁寧に生活していけばいいのでは
と心がけてみてください。

その上で、冷静な判断をしてみてください。


2.本当に怖いのはコロナよりも今後の経済

私の個人的な意見ですが、
今後の経済に与える影響は、見えないコロナウイルスよりも
怖いと思っています。

実際の話として、
過度なイベント自粛や外出する人がいなくなることで、
経済へのダメージはとても大きくなってきています。

すでに倒産している旅館もありますが、
今後長引けばどんどん増えていくことでしょう。

もちろん、伸びる企業もでてきますが、
この影響が今後の株価に影響していくということを
頭の中に入れておきましょう。

新型コロナウイルスよりも、
人が消費しなくなることで資金繰りに詰まって
自殺してしまったり、ストレスで病気に
なってしまう人のほうが多いと思います。


短期的にはどこかでリバウンドするでしょうが、
中長期的には重しになる気がします。

トレードをしている人であればあまり気に
しなくてもいいかもしれませんし、
株価が大きく動くこと自体は、トレーダーにとっては
チャンスを捉えることが出来ます。


ですから、

世間が暗いニュースで溢れたとしても、
トレーダーとしてのスキルをしっかりと身につけて
稼げるようにしておくことを考えてください。

その中から、経済にも貢献をしてほしいと
思っています。

3.アメリカ大統領選挙

2020年の11月3日のアメリカ大統領選挙に向けて
来週3月3日にスーパー・チューズデーがあります。

新型コロナウイルスによって、
アメリカ大統領選挙が、株価へ与える影響が
相対的に小さく感じてしまいますが
そんな事はありません。

これだけでダウが1,000ドル以上動く
可能性も十分あります。


ここで、民主党のサンダース上院議員が
躍進しないことがマーケットにとって好ましいです。

逆にいえば、

民主党のサンダース上院議員が
躍進することによって、さらなる下落も
考えられます。

というのも、

彼が大統領になると富裕層への課税、
証券取引税の導入など、マーケットにとって
ネガティブなことが多くなってきます。

ですから、

新型コロナウイルスでただでさえ株価が
下落しているところに、さらなる下落要因と
なりえるのです。

短期的には今回の暴落した株価も
どこかで反発するでしょう。

しかし、

サンダース上院議員の躍進次第では、
反発に水を差される出来事となるかもしれない。

ですから、

このタイミングでは株価が大きく動く可能性が
想定されるのだと、頭に入れておいてください。


以上、

1.不安にならずに生活しよう
2.本当に怖いのはコロナよりも今後の経済
3.アメリカ大統領選挙

とお伝えしてきました。


新型コロナウイルスによって反発しないかも
しれないというくらいの売られ方をしていますが、
そういった人の不安や暴落もしっかり知っていることで、
冷静に対応できます。

あなた自身が不安に陥ることなく、
しっかりと判断してトレードに活かしてください。

そして、今後の経済には重しがあること、
コロナの影響で注目されにくくなっているが
大統領選挙も大きなイベントですので
しっかりとフォローしていきましょう。


それでは、しっかりと体調管理をして
出来ることを淡々とやっていくようにしてください。

では、ありがとうございました。

※本コラムは、株の学校ドットコム 無料講座受講者に配信したメールをもとにして掲載しております。



現役トレーダー講師コラム バックナンバー