プロトレーダーの注目株2022年11月編(株の学校ドットコム 窪田剛)|株の学校ドットコム
多くの方に選ばれて受講者数863714名突破(2023/02/01現在)

プロトレーダーの注目株 2022年11月編

来るか、年末ラリー! プロが期待を寄せる業種・銘柄と、気になるマネーゲームの行方

日々相場と向き合うプロトレーダーは、いまどんな銘柄に注目しているのか?
講師の窪田剛が、3つのランキングから11月相場を振り返ります。

11月相場を振り返って

マネーゲーム!!

いやぁ、歴史に残るマネーゲームが繰り広げられた11月となりました(本稿執筆時点では、まだ続いている)。それは後半で詳しくお話しするとして。

それよりも「年末ラリーあるか!?」ということのほうが、今後は重要かなと思っています。

10月相場の記事で「底入れ感」があると書いたのですが、11月もその流れを引き継いで、日経平均株価は一時28,000円を回復し、28,500円にタッチする場面もありました。終値こそ28,000円を割り込んでしまいましたが、ここ2か月だけで見ると上昇の兆しがあります。

これが継続するなら買い。そうじゃないなら売り、もしくは様子見。年末に向けてもう一発、大きな上昇を期待させてくれる、そんな1か月となりました。

マネーゲーム……じゃなかった。年末ラリー楽しみだぜ!

11月相場で上がった株・下がった株

そんな2022年11月の株式相場を、売買代金値上がり率値下がり率のランキングで振り返ってみたいと思います(太字はピックアップ銘柄/データ提供CMBトレード塾

・2022年11月の売買代金トップ20

・2022年11月の値上がり率トップ20

・2022年11月の値下がり率トップ20

11月相場でプロが気になった銘柄

このランキングの中から、私・窪田が気になった銘柄をピックアップします。

・売買代金ランキング

【第1位】レーザーテック<6920>………6.59兆円
【第3位】東京エレクトロン<8035>……1.30兆円

後半に足踏みしてしまったものの、前半は10月からの力強い上昇を引き続き見せてくれました。後半の足踏みは息切れじゃなく、年末そして来年に向けた調整期間とみることもできます。

年末もしくは2023年に向けて、花開くか半導体! 注目です。

【第8位】三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>……7520億円
【第9位】三井住友フィナンシャルグループ<8316>…………7463億円

メガバンク2行がランクイン。でも11月は、メガバンクだけでなく地銀も含め、銀行が全般的に力強く推移しました。業績が好調で自社株買いを発表したり、世界的な金利上昇による今後の業績期待も高く、「あれ、もしかして2023年は銀行の年か?」と思えるような上昇となりました。

ちょっと銀行は見ておく必要があるかも?

【第14位】三菱商事<8058>……5629億円
【第17位】三井物産<8031>……4794億円
(第41位・伊藤忠商事<8001>、第52位・丸紅<8002>、第64位・住友商事<8053>)

いわゆる五大商社です。世界でいちばん有名な投資家、ウォーレン・バフェット氏がこれら五大商社を買い増ししたというニュースとともに注目が集まり、株価も上昇しました。

何度も言っているのですが、誰が買ったとか、注目しているとか、お勧めしているとか……そういったきっかけで株を買うのはやめてくださいね。

きっかけとしてそうした情報があったとしても、きちんと自分で調べて、自分のタイミングで売買の判断をすること。そうしなければ、いつまでたっても「勝ち続ける」ことはできません。あなたが商社を買って損しても、バフェットは何もしてくれません。

もちろんそれは、どんな相手でも同じです。他人に依存せず、しっかりと自分自身で判断していけるように、ぜひこのコラムを利用してください。

・値上がり率ランキング

【第13位】カヤック<3904>……+62.1%(851円→1,380円)

子会社のウェルプレイドライゼスト<9565>が11月30日に上場。買い注文が殺到し、上場初日には値段がつきませんでした。

なぜピックアップしたかというと、「新しい業種は注目される=株価が上がりやすい」ということを知っておいてほしいからです。ウェルプレイドライゼストはいわゆる「eスポーツ」の関連銘柄です。ゲーム大会の企画や制作、その周辺事業を行っています。

「eスポーツ」という言葉自体は数年前からありますし、ゲーム会社はソニーや任天堂、カプコンやコーエーテクモにスクエニ、バンナムなど、たくさんあります。

でも、「ゲーム」ではなく「eスポーツ」という新しいジャンルって、なんだかワクワクするし、何か起こりそうな気がするじゃないですか。こういうワクワク感みたいなものは、注目も集まるし、こうやって大きく株価が上がることがよくあるんですよね。実際の業績なんて関係ないです。

同じような例は、昔からよくあります。

きっと今後も、「宇宙」とか「カーボンクレジット」とか、ワクワクを内包するようなジャンルの企業が上場するときには、その会社はもちろんのこと、今回のように親会社も注目されやすくなります。

覚えておきましょう。

・値下がり率ランキング

【第1位】日医工<4541>……-56.0%(466円→205円)

36円で株式市場から退場するというニュースにより、48円まで一気に大きく下落しました。36円で買い取られることが決まっているので「理論的」には36円より高い金額になるはずはないのです。でも、48円を付けた後、月末にかけて一気に上昇しました。5倍くらいの上昇!

これ、要はただのマネーゲームで、買っている人の理由はただひとつ、「自分よりも高く買ってくれる人に売りつけるため」。完全なるマネーゲームと化したのが、この日医工です。

上場廃止や破綻などで、無価値なのに「注目度が高く株価が大きく動くかもしれない」という可能性に値段が付き、理論値など関係なく「より高く売る」ためだけに、こういうことが起こります。

しっかり稼ごう! ただし、地に足をつけて

今まさにマネーゲームが繰り広げられているわけですが、こうした完全なるマネーゲーム(=騙し合い)が起こるのもマーケットのひとつの側面です。綺麗事ばかりではないし、そこから目を背けることはすべきではないとも思います。

デッド・キャット・バウンス(=死んだ猫でも高いところから落とせば弾む)、つまり「価値のない株でも大きく反発する」という格言があるくらい、こうしたことは頻繁に起こる現象であり、これが人間の本質なんだと思います。

私たちは株を売買していますが、その相手は「人間」なんです。

人間というのは、注目されるものに群がるし、新しいものにワクワクするし、知らないものに過度に恐怖を覚えます。そういった人間がつくりだすマーケットには、いつだって価格の歪みがあるし、それと同時に、チャンスがあふれています。

それらをしっかりと認識して、マーケットという大海原でしっかり稼いでいこうじゃありませんか。

最後になりましたが、日医工には絶対に近寄らないこと! ただし、これは歴史に残る値動きになるかもしれないし、人間の?き出しの本質を学べますので、ぜひとも離れたところから今後の成り行きを見守ること。

1日で◎倍!なんて絶対に継続しない博打です。このコラムを読んでくださっている方には、マネーゲームなんかではなく、しっかりと地に足をつけて、運用をしてほしいと心から願っています。

(株の学校ドットコム講師・窪田 剛