プロトレーダーの注目株2023年2月編(株の学校ドットコム 窪田剛)|株の学校ドットコム
多くの方に選ばれて受講者数887510名突破(2024/05/25現在)

ランキングで見るプロの注目銘柄 2023年2月編

不安の残る相場に見えた希望… 来たるべきチャンスに向けてプロが期待する銘柄とは

日々相場と向き合うプロトレーダーは、いまどんな銘柄に注目しているのか?
講師の窪田剛が、3つのランキングから2月相場を振り返ります。

2月相場を振り返って

ChatGPTすげぇー

と、多くの人が話題にしたAIチャットボット。質問を投げかけると会話形式で回答してくれるAIの精度が高く、約1年前に話題になった「Midjouney」(ハイクオリティの絵をAIが自動生成してくれるサービス)以上の驚きで話題となりました。

そんな「ChatGPT」を使ったサービスを展開すると発表した企業の株価が大きく伸びるなど、AIの話題が中心の2月となりました。

どんどん新しいものができてくるのは楽しいですね。それに伴ってどんな銘柄が上昇していくのかを考えるのも楽しい。いや、もう上がる銘柄をAIに教えてもらうほうがいいかな? このコラムもAIに書いてもらう日も近い??

絵や文章だけではなく、映像やストーリーまで作ってくれるAI。これからもしっかり追いかけて、関連銘柄の上昇を掴んでいきたいですね。

2月相場で上がった株・下がった株

そんな2023年2月の株式相場を売買代金値上がり率値下がり率のランキングで振り返ってみたいと思います(太字はピックアップ銘柄/データ提供:CMBトレード塾)。

・2023年2月の売買代金トップ20

・2023年2月の値上がり率トップ20

・2023年2月の値下がり率トップ20

2月相場でプロが気になった銘柄

このランキングの中から、私が気になった銘柄をピックアップします。

・売買代金ランキング

【第4位】日本製鉄<5401> 9,918億円

1月に引き続き2月も「」が中心の1か月でした。株価も大きく上昇(2,695円→3,182円:+18%)し、売買代金も4位まで上昇(前月は8位で7,327億円)。

AIが話題になったとはいえ、重厚長大産業の要であり世界経済に欠かせないのは、AIではなく鉄であります。今年に入り大きく上昇しているので、いったん調整するかもしれませんが、そこがチャンスになるかも?

まだまだ鉄から目が離せません。

【第1位】レーザーテック<6920>  4兆円
【第3位】東京エレクトロン<8035> 1.09兆円
【第18位】信越化学工業<4063>   4343億円
【第21位】アドバンテスト<6857>  3718億円

来ました、半導体! 戦後日本の産業の中枢を担う「産業の米」として産業全体を支えてきた半導体が、ここにきて復活の兆しを見せています。

鉄と半導体が上昇してくれば、経済全体の温度が上昇してきた証し。まだまだ全体の株価は横ばいを続けていますが、この2大業界に勢いがつけば、面白いことになってくるかもしれません。

AIが話題になって、そのAIを動かすために半導体が必要だという側面も忘れてはいけません。2023年だけでなく今後、息の長い注目産業になるでしょう。

【第7位】日本郵船<9101> 8102億円
【第12位】川崎汽船<9107> 6022億円
【第13位】商船三井<9104> 5015億円

鉄、半導体と続いてご紹介するのが「海運」です。大きく上昇した2020年、2021年、お休みした2022年、そして静かに再度、高値圏まで上昇してきました。

ここからさらに大きく上昇することは考えにくいですが、経済の基礎を支える鉄と半導体、そして海運にも資金が入っている状態というのは、なんだかとても良い傾向に思えます。でも日経平均はまだ横ばい。これは、大きなチャンスの前触れじゃないか? と日々ワクワクしながら相場を眺めています。

・値上がり率ランキング

【第22位】note<5243> +78.4%(446円→796円)

2月8日に「最新のチャットAI」を活用してサービスを展開していくというリリースを出し、株価が大きく上昇しました。多くの人がChatGPTの性能の高さに驚いているタイミングでのリリースだったため、株価も大きく反応しました。

世の中の動きに合わせてリリースを打つのは多くの企業が行っていて、株価は上昇しやすいです。ただし、それが実際の収益につながるかどうかはわかりません。

過去には、会社が行っている事業には全く関係ないのに社名に「ブロックチェーン」や「AI」を入れたりして株価を上げた企業もありましたが、結局は下落してしまっています。

流行りに乗って株価を上げただけなのか、それとも実際に収益が上がっているから株価が上がっているのか、しっかりと見極めたいですね。

しっかり準備して、上昇に乗ろう!

話題という意味では「AI」に大きく注目が集まりました。

しかし株価という意味では、AI関連よりもそれを支える「半導体」や、「鉄」「海運」といった大きな業界が一歩踏み出した感じを受けた2月相場でした。重厚長大であるがゆえに、一度動き出すと大きな動きになる一方、動き出すには時間がかかりますが、その分しっかりと準備する時間もありそうです。

日経平均を見ると横ばい推移が続いており、ぱっとしない印象を受けますが、しっかりと上昇している業界や個別銘柄は数多くあります。しっかりと銘柄を選んで、大きな上昇に乗っかって、大きく稼いでいこうじゃありませんか!!

なお、このコラムは人間が書いております。
AIのほうがいい文章が書けるとは思うけれど、もう少し、私という人間にお付き合いくださいませ。

(株の学校ドットコム講師・窪田 剛