多くの方に選ばれて受講者数645537名突破(2019/09/18現在)

株の学校ドットコムの窪田です。

日経平均が本日1,010円と大きく下落しました。
またここ4日間で約2,000円下落しました。

この結果、多くの銘柄がいわゆる
「売られすぎ」の状態となっています。

年末年始ということもあり、ポジションを閉じている人も多かったかもしれません。
トレンドに従って空売りをして利益を上げていた人もいるかもしれません。
そういった人にとっては逆張りのチャンスです。
きちんと資金管理をして、ルールにのっとって、逆張りで大いに稼いでください。


逆に、すでに逆張りをしていた人にとっては辛い時期になっていると思います。
しっかりとルールに則っていれば問題ないのですが、多くの場合こういう相場になると
思考停止に陥ってしまい、正しい行動をすることを放棄してしまう人がいます。

ここが踏ん張りどころです。
もしいま、ポジションが含み損で辛い思いをしているのであれば、まずは冷静になってください。

こういう時にやってはけないことことが二つあります。
1つ目は、思考停止して証券口座をほったらかしにして逃げること。
2つ目は、逆に入金までして下落している銘柄を闇雲に買いまくって資金管理をせずに逆張りに賭けること。

これはどちらも、壊滅的なダメージを負ってしまいます。

もし、いまそういう状態だったとしても、一度冷静になってください。
きちんと対処をすれば、まだまだここから巻き返すことは可能です。

まず、売買ルールや自分の中での決まりもなく、
何となく逆張り買いをしているものはすぐにロスカットしてください。

きちんとした逆張りのルールを持っている場合はチャンスですし、反発の可能性も大きいです。

ですが、闇雲に買って儲かるということはまずありません。


いったん撤退して、体制を立て直すことは負けではありません。

しっかりと冷静になり、なぜ株を始めたのか。何のために株をやっているのか。
それをしっかり思い出して、適切な行動をとれば、たとえ今資金が減ってしまったとしても
必ずその行動は将来につながります。

いいときはだれでも儲かります。
こういうときにどう対処するかで長期的な利益は大きく変わってきます。


何もなかった方、大きく利益をあげた方も、
冷静にこの相場を観て、どう行動すると利益が最大化するのかを考えることは
今後大きく役に立ちます。


なかなかこういう下落はありませんが、
やはり定期的に「相場がぶっ壊れる」ことがあります。

投資をしている方であれば買い時です。
トレードをしている方でしっかりと準備をしている方であればチャンスでもあります。

決して後ろを向いて逃げるのではなく、
前を向いてチャンスをつかむ。
もしくは、前を向いていったん冷静になり撤退する。

何度も言っていることですが、一番大事なことは
「生き残ること」

儲けるのはそのあとです。


年末年始ということもあり、マーケットが長く閉まる時期が近づいています。
そういう要因もあるので、無理にトレードする必要はありません。


ですが、いい機会ですので、メールさせていただきました。

しっかりとマーケットを観察すること。
そして、冷静に行動すること。


たとえ一度撤退しても2019年というチャンスがそのあとに来ます。
そのチャンスに向けて、しっかりと学んでいきましょう。

※本コラムは、株の学校ドットコム 無料講座受講者に配信したメールをもとにして掲載しております。



現役トレーダー講師コラム バックナンバー